英会話カフェ

英語の勉強が続く!ブログで日常例文・スマホアプリなど、英語の勉強に役立つ情報を配信中

*

「頑張ってね!」って英語でなんて言うの!?

      2014/07/10

Good luck!

「頑張ってね!」

頑張って

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです!

今日はいつものように例文を紹介します!今回はほとんど手をつけていないスポーツで活躍しそうな例文です!私生活で使える例文でもあります。

例文を暗記する勉強法で、英語を上達させましょう!!

例文の解説は、今回の英語のコーナーで!

Sponsored Links

おすすめの英語の勉強法を紹介中

英会話カフェでは、他にもおすすめの英会話スクール・教材や勉強法を紹介しています。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

>>海外ドラマフレンズ勉強法へはこちら

>>スマホ勉強法へはこちら

>>スマホアプリ集へはこちら

効率よく短期間で、かつ確実に英語を話せるようになりたい方!

必見です!ぜひこちらもご覧ください!!

>>安心の大手英会話スクール!確実に英語が話せるようになる「ECC外語学院」

>>格安!かつ英語の質も確保できるオンライン英会話「DMM英会話」

前回の英語

さて、今回の英語「頑張ってね!」に入る前に、まずは前回の英語の復習からです。前回は・・・

What’s the matter?「どうしたの?」

この例文でした。 >>前回の記事へはこちら

前回の英語は、「どうしたの?」でした。前回も、私生活で活躍しそうな英語でしたね!

前回の英語のポイントは・・・特に注意すべき点はありませんでした(笑)。

この「どうしたの?」はあいさつに似た表現なので、丸暗記でしたね!!

プラスで覚えておくとすれば、with+「人」。

どうしたの?と聞きたい場合にこれをつけてしまうと、ちょっと違った印象を与えかねませんでした。

What’s the matter with him?は彼がなんだかおかしな行動をとっていて、「彼どうしたの?大丈夫?」といった感じになります。

今回の英語

さて、本題に入って今回の英語です。今回の英語は、「頑張ってね!」で、スポーツをするときや私生活で使えそうな英語ですね!

この「頑張ってね!」という表現は、みなさん私生活でよく使いますよね!?

「明日のプレゼン頑張ってね!」「試験頑張ってね!」「ワールドカップ頑張ってね!」「野球の試合頑張ってね!」「その調子で頑張って!」などなど・・・。

まとめると激励のためのことばですね。これらは、英語ではなんと言えばいいのでしょうか!?

一番よく知られていそうなのは、今回の英語にした「Good luck!」でしょうか。

なので、今回の英語は「Good luck!」にしておきました!

これは「幸運を!」という意味になります。「頑張ってね!」としてもOKです!

「頑張ってね!」では、これが一番しられてるかも知れませんが、他にもいろいろあります!

幸運を! Good luck!
元気出して! Cheer up!
その調子! Keep it up!
頑張れ! Hang in there.
ベストを尽くして! Do your best!
気楽にね! Take it easy!

こんな感じです。「気楽にね!」はちょっと違うかもしれませんが、どれも相手を激励するための英語表現になります。非常によく使う表現ですし、必須で覚えましょう!

少し注意すべきポイントがあります。Hang in there.は「我慢して」というニュアンスが含まれますので注意が必要です。極端に言うと、耐えろ!といった感じです。

私としては、頑張って!と言いたいときはDo your best!がおすすめです!なんだか、一生懸命応援している感じがします(笑)。

今回ご紹介した、激励のための英語表現はどれも使える表現ばかりなので、必ずマスターしておきましょう!

 

それでは今日はこの辺で失礼します!

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回もぜひご覧ください!!

See you next!

 - スポーツ , ,