英会話カフェ

英語の勉強が続く!ブログで日常例文・スマホアプリなど、英語の勉強に役立つ情報を配信中

*

「号泣する。」って英語でなんて言えばいいの!?

      2014/07/27

He cried loudly.

「彼は号泣した。」

赤ちゃん(泣く)

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです!

今日はいつものように例文を紹介します!今回は私生活で使える例文です。

例文を暗記する勉強法で、英語を上達させましょう!!

例文の解説は、今回の英語のコーナーで!

Sponsored Links

おすすめの英語の勉強法を紹介中

英会話カフェでは、他にもおすすめの英会話スクール・教材や勉強法を紹介しています。

ぜひそちらもチェックしてみてください!

>>海外ドラマフレンズ勉強法へはこちら

>>スマホ勉強法へはこちら

>>スマホアプリ集へはこちら

効率よく短期間で、かつ確実に英語を話せるようになりたい方!

必見です!ぜひこちらもご覧ください!!

>>安心の大手英会話スクール!確実に英語が話せるようになる「ECC外語学院」

>>格安!かつ英語の質も確保できるオンライン英会話「DMM英会話」

前回の英語

さて、今回の英語「号泣」に入る前に、まずは前回の英語の復習からです。前回は・・・

It’s hot and humid!「蒸し暑い!」

この例文でした。 >>前回の記事へはこちら

前回の英語は「蒸し暑い!」でした。今はもう「暑い!!」ですね。

前回の英語のポイントは、「蒸し暑い」という表現でした。

単に「暑い!」と英語で言いたいときは、hotと言えばOK!

蒸し暑いと言いたいときは、hotとhumidを使って表現してあげましたね。

hotは「暑い」、humidは「湿気の多い」という意味。

この二つを組み合わせ、天気のitを使って、It’s hot and humid!と表現できました!

今回の英語

さて、本題に入って今回の英語です。今回の英語は「号泣」です!

少し古い話題ではありますが、例の議員の「号泣」を意識しています(笑)。

あの号泣会見はインパクトが強すぎましたよね・・・。その分、今回の号泣英語もすっと覚えられるかもしれません!!ラッキーです!号泣

「号泣」にはcryを使いましょう!

といっても、今回の英語「号泣」はとても簡単!

英語を学習し始めて初期で出てくるcry「泣く」を使って「号泣」を表現してあげます。

cryは声を出して泣く場合に使います。「泣く」の最も一般的な単語です。

静かに涙を流す場合よりも、泣き叫ぶ場合によく使います。

このcryに「大声で」という意味のloudlyという単語をつけてあげるだけ!他にも、noisily「うるさい」でもいいかもしれません。

難しい単語を使うと思いきや、これだけで「号泣」です!

cry以外で「泣く」という英語は?

ちなみに、他にも、wailという単語があるのですが、こちらは「泣き叫ぶ」「泣きわめく」といった意味があります。

こちらwailの一単語号泣としたほうが簡単じゃないの!?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、マイナーな難しい単語を使うより、cryという誰でもしっている英語を使う方が断然いいです!!

cry以外でも「泣く」という意味の単語がいくつかあります。

まずはweep。これは「しくしく泣く」というニュアンスです。

sobもあります。意味は「すすり泣く」とか「泣きじゃくる」です。

さきほどのwailもありますね。

ただ、いずれも硬い表現ですので、まずは、cryを使えるようになるのが先決ですね!!

 

それでは今日はこの辺で失礼します!

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回もぜひご覧ください!!

See you next!

 - 私生活