英会話カフェ

英語の勉強が続く!ブログで日常例文・スマホアプリなど、英語の勉強に役立つ情報を配信中

*

コンビニは和製英語!正しくは・・・

      2015/10/18

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです!

今回は、和製英語シリーズからの英語をご紹介します。

ビニール傘

 

海外では通じない和製英語・・・和製英語だと知らずに使ってしまったら・・・。

あまり考えたくはないですね。頑張って話している英語。

なのに外国人にまったく通じてなかったら、かなり恥ずかしいと感じてしまいます・・・。

そうならないためにも、ぜひチェックして、英語力アップに役立ててくださいね!

Sponsored Links

はじめに

日本人は和製英語を非常によく使います・・・。

和製英語とは、「日本で作られた、英語風の日本語語彙」。

日本で作られているので、もちろん外国人には通じません・・・。

しかも・・・「え!?普通に使ってたこれも和製英語なの!?」ってものもあります!

どれが和製英語なのかしっかり理解しておきましょう!

そもそも和製英語ってなに!?

これについては和製英語シリーズの最初の記事で紹介していますのでそちらをご覧ください!

和製英語「コンビニ」

さて、本題に入って、今回の和製英語をご紹介していきます。

今回の和製英語は、「コンビニ」です!

和製英語シリーズ第21回目はコンビニになりました!

コンビニは、もはや普段の生活になくてはならないものなってきましたね。

都市部では、歩いていればコンビニはすぐに見つかるほどです。

普段使うコンビニ・・・すごく便利ですよね!!生活に必要なものはほとんど売ってます。

飲み物、弁当、パン、雑誌、お菓子、シャンプーなどなど。

スーパーが開いていない夜の時間でもコンビニがあればすごく助かります。

私は、コンビニは、お弁当を買ったり、コーヒーを買ったりするのによく利用します。

「コンビニ」普段の生活に溶け込んでいますが、和製英語です!!

コンビニを正しく英語で表現すると?

和製英語「コンビニ」これを英語で正しく表現するといったいどうなるのでしょうか!?

さっそく答えですが、コンビニの正しい表現は、「convenience store」ですね。

corner storeという言い方もありますが、今回は和製英語コンビニの話なのでこちらにします。

ちなみに、コンビニと伝えたいときに「セブンイレブン」と言っても理解してくれるそうです(笑)

英語の方もかなり簡単。すぐに覚えられそうです。

和製英語「コンビニ」の由来は?

次は、和製英語「コンビニ」がなぜ使われるようになったのかをご紹介したいと思います。

理由は・・・すごく簡単です。

「convenience store」コンビニエンスストアが頭の「コンビニ」だけになってしまったものですね。

和製英語の由来で分類すると・・・

  1. 英語を略して和製英語となったもの
  2. 英語を利用して造語をつくったもの
  3. 別の意味になってしまったもの
  4. その他

これらのうち・・・1番の「英語を略して和製英語となったもの」に該当しますね。

コンビニを使った英語例文

最後は、和製英語「コンビニ」を使って、例文をご紹介します!

ここまで、コンビニの由来など、詳しくご紹介してきました。

なので、もうコンビニは和製英語だと忘れることはないと思います。

しかし、ここで例文を覚えておくことで、実際に英語を話すときに非常に役立つと思います!

例文といっても、簡単な英語です。

Is there a convenience store around here?

「このあたりにコンビニありますか?」

こんな感じです。簡単な例文ですね。around hereもついでに覚えてしまいましょう!

日本ではこの例文を使うまでもなく見つかりそうですね。

最後に

ここまで和製英語「コンビニ」について、説明をしてきましたが、いかがだったでしょうか!?

和製英語は、普段の生活の中に数多く隠れています。

それが和製英語だとわかっていればいいのですが、知らずに海外で使ってしまうと・・・。

今後そうならないためにも、和製英語についての理解を深め、英語力をアップさせていきましょう!

今回はこの辺で失礼します。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは、また次回です。See you next!

 - 和製英語 , ,