英会話カフェ

英語の勉強が続く!ブログで日常例文・スマホアプリなど、英語の勉強に役立つ情報を配信中

*

「一番いい時期」を英語で尋ねてみよう!

      2014/07/06

When is the best season to visit Kyoto?

「京都に行くならいつが一番いいですか?」

京の街

今日は私生活で使える例文をご紹介します。

例文を暗記する勉強法で、英語を上達させましょう!!

今日の例文は、「今回の英語」で解説中!

Sponsored Links

おすすめの英語の勉強法を紹介中

英会話カフェでは、他にもおすすめの英会話スクール・英語教材や勉強法を紹介しています。英語を勉強し始めたばかりの方にもおすすめです!ぜひそちらもチェックしてみてください!

>>海外ドラマフレンズ勉強法へはこちら

>>スマホ勉強法へはこちら

>>スマホアプリ集へはこちら

効率よく短期間で、かつ確実に英語を話せるようになりたい方!

必見です!ぜひこちらもご覧ください!!

>>安心の大手英会話スクール!確実に英語が話せるようになる「ECC外語学院」

>>格安!かつ英語の質も確保できるオンライン英会話「DMM英会話」

前回の英語

さて、今回の英語「一番いい時期」に入る前に、まずは前回の復習からです。前回は・・・

Who is the best lawyer around here?「このあたりで、誰が一番いい弁護士なの?」

この例文でした。 >>前回の記事はこちら

前回の英語は、「適材適所」。誰が一番なのかを尋ねる英語でしたね!今回の英語と同じ種類の表現です!

適材適所は英語でぴったりの単語はありませんでしたので、うまく表現することが必要でした。

Who is the best ~? 「誰がベストなの?」という表現は覚えるのが一番でしたね!

bestのあとに続く人をかえてあげればOK!簡単に適材適所な人のことを尋ねることができますし、かなり多くの場面で使えますね。

Who is the best cook?「一番腕のいい料理人は?」

Who is the best fortune-teller?「一番の占い師は誰ですか?」

Who is the best docter?「一番いい医者は誰ですか?」

Who is the best private teacher?「一番いい家庭教師はだれですか?」

などなど。きりがありませんが、これでたくさんいる人の中から誰が適材適所なのか尋ねることができるようになりました。

今回の英語

本題に入って、今回の英語です。今回の英語は「一番いい時期」です。今日は昨日の続きの英語のような感じです!!

昨日は、一番いい人を尋ねる例文をご紹介しました。適材適所です。

前回の英語は、↑の通りです。例文です。

今回のは、前回の英語の疑問詞whoの部分をwhenに入れ替えます!!これだけ!これだけで、「一番いい時期」について聞くことができます。簡単ですね!

時期を尋ねているので、人ではなくて時に関係するものをbestのあとにつけてあげます。

今回の英語では、seasonを使って時期を尋ねていますが、それをtimeなどに変えてあげると、一番いい時間を尋ねることができます。

昨日の例文を少し変えることで、簡単に違う表現が覚えられますね。

もちろん、場所をかえても使えます!! これもよく使う表現なのでぜひ覚えておきましょう!!

 

今日は、私の仕事が長引いてしまいました・・・

かなり短いですが、今日はこのへんで失礼します。

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回もぜひご覧ください!

See you next!

 - 私生活 ,