英会話カフェ

英語の勉強が続く!ブログで日常例文・スマホアプリなど、英語の勉強に役立つ情報を配信中

*

電車で使える英語の例文「詰める」

      2014/08/17

They can make room for one more if  they shift over a little.

「あとちょっとつめてくれればもう一人座れるのに。」

電車

今日も前回に引き続き通勤で使える例文をご紹介します。

例文を暗記する勉強法で、英語を上達させましょう!

例文の解説は、「今回の英語」のコーナーで!

Sponsored Links

おすすめの英語の勉強法を紹介中

英会話カフェでは、他にもおすすめの英会話スクール・教材や勉強法を紹介しています。ぜひそちらもチェックしてみてください!

>>海外ドラマフレンズ勉強法へはこちら

>>スマホ勉強法へはこちら

>>スマホアプリ集へはこちら

効率よく短期間で、かつ確実に英語を話せるようになりたい方!

必見です!ぜひこちらもご覧ください!!

>>安心の大手英会話スクール!確実に英語が話せるようになる「ECC外語学院」

>>格安!かつ英語の質も確保できるオンライン英会話「DMM英会話」

前回の英語

今日は前回に引き続き通勤、電車で使える英語ですね。

まずは前回の英語の復習から。前回は・・・

I’m falling over!!

「倒れてしまいそうだよー!」

この例文でした。>>前回の記事へはこちら

前回の英語の注意点は、~ingでした。

「今~しているところです。」といった意味以外に、「今にも~しそうだ。」といった意味があります。

前回の例文の意味は、「倒れているところだ。」とはならないので注意が必要でしたね!

今回の英語

さて、今回の英語は、前回の英語から引き続きで使える例文です。

倒れるのは嫌だし、 できれば座りたいですよね。

しかし、たまに一人で多くのスペースを使ってしまっている人いますよね・・・。

詰めればあと一人座れるのに・・・。

そんなときに感じるのが今日の例文!

覚えておきたいのがmake room for~という表現。

「~のために場所をあける」という意味になります。

roomには、「部屋」以外にも「空間」、「余地」といった意味があるので注意が必要です。

この表現を使って、もう少し詰めてほしいと伝えてみましょう!

それは次回にします!Could you ~?を使って丁寧に頼んでみましょう!

最近のニュースからの英語

さて、ここからは、最近の話題を英語で紹介!

最近ますます盛り上がってきたのが、ソチオリンピック!

でも今日は記録的な大雪の話題です。(笑)

ソチオリンピックも後日紹介予定!

 

雪・・・本当にすごかったですね。

私は関東に住んでいるのそう感じてしまいました。

雪は英語で、snowです。誰でもわかります(笑)

snowには動詞の意味もあって、itを主語にして「雪が降る」という意味もあります。

It snowed a lot yesterday.

「昨日はたくさんの雪が降った。」

このように使います。

関東にいる人にとっては別世界!

ほんとに関東かよーって感じでした・・・。

 

今日はこの辺で失礼します。

今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました!

次回もぜひご覧ください!!

 - 通勤 ,