和製英語

和製英語とは!?シリーズ化して和製英語を紹介していきます!

更新日:

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです!

突然ですが、今回から例文とは別に、知っておきたい和製英語シリーズを始めます!!

アルファベット

今回の第一回目は導入編。そもそも、和製英語とは!?

という基本のところから始めていきます!次回からは、毎回新しい和製英語をご紹介します。

  1. 和製英語
  2. 和製英語の成り立ちなどの解説
  3. 英語での正しい表現
  4. 例文

をご紹介していきたいと思っています。

更新されるごとに見ていただければ、多くの和製英語が学習できます!

ぜひ毎回チェックして、英語力アップに役立ててくださいね!

Sponsored Links

はじめに

日本人は和製英語を非常によく使います・・・。

みなさんは和製英語はどの程度使っていらっしゃるでしょうか。

そもそも使う時に、「あ、これ和製英語だ。」なんて考えながら使う人はいませんよね。

知らないうちに和製英語はついつい使っちゃうものです。

困ったことに和製ですから、海外では全く通じません・・・。

しかも・・・「え!?普通に使ってたこれも和製英語なの!?」ってものもあります!

和製英語とは?

まず最初は、そもそも和製英語ってなに!?ってところからです。

これは説明は不要かと思いましたが、一応書いておきたいと思います。

和製英語とは、「日本で作られた、英語風の日本語語彙」です。

日本で作られているので、もちろん外国人には通じません・・・。

日本では、これらはカタカナで表記されているため、英語っぽくなっており、和製英語だと気づかないでいることもあります。

和製英語は、いってしまえばインチキ英語。

みなさんの身の回りにも数多く潜んでいますのでご注意を!

例えば、ガソリンスタンド。これは、次回の和製英語のコーナーでご紹介予定です。いかにも英語っぽいですが、和製英語なので注意しましょう!

英語でガソリンスタンドは、gas stationと言います。似てますが、違いますね。

和製英語を成り立ちで分類すると?

和製英語は、その成り立ちによって、分類することができます。

次回からの和製英語紹介では、分類も説明していく予定です。

成り立ちを勉強することによって、理解が深まります。

英字新聞

英語を略して和製英語となったもの

これが、和製英語のなかでも一番わかりやすいですね。日本人は略すのが大好きですしね(笑)。

例えば、エアコン。air conditionerが正しい英語ですね。

これは、普段よく使っているものなのでわかりやすいです。

英語を利用して造語をつくったもの

この例は、サラリーマンがわかりやすいですね。

salaly「給料」とman「男」を使って作られました。直訳すると、給料男・・・。

単に、働いて給料を稼ぐだけの男のような感じがしますね・・・。

英語では、office workerです。

別の意味になってしまったもの

これは、数としては、少ないかもしれません。

例は、ナイーブがいいでしょうか。

これは、日本語としてもよく使われますが、英語では全く違う意味になります。

日本語では、「繊細な」とか「敏感な」といった意味で使われますね。しかし、英語では全く意味が違います!!英語では、naiveで「世間知らずの」という意味になります。

日本語で使われている意味だとsensitiveがいいですね。

その他

ここの分類はあまり使いたくはありませんが、念のため作っておきます。

今後の予定について

さて、ここまで和製英語について、説明をしてきましたが、いかがだったでしょうか!?

今後は、和製英語一つ一つについて、成り立ち、例文等をご紹介していきます。

更新については、普段の例文の時もありますので、不定期ですね。

例文とこの和製英語の記事を参考にして、英語力レベルアップつなげてください!!

それでは、また次回です。今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

-和製英語
-

Copyright© 英会話カフェ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.