和製英語

要注意!失敗で使う「ミス」は和製英語!

更新日:

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです!

今回は、和製英語シリーズからの英語をご紹介します。

ミス・単純

海外では通じない和製英語・・・和製英語だと知らずに使ってしまったら・・・。

あまり考えたくはないですね。頑張って話している英語。

なのに外国人にまったく通じてなかったら、かなり恥ずかしいと感じてしまいます・・・。

そうならないためにも、ぜひチェックして、英語力アップに役立ててくださいね!

Sponsored Links

はじめに

日本人は和製英語を非常によく使います・・・。

和製英語とは、「日本で作られた、英語風の日本語語彙」。

日本で作られているので、もちろん外国人には通じません・・・。

しかも・・・「え!?普通に使ってたこれも和製英語なの!?」ってものもあります!

どれが和製英語なのかしっかり理解しておきましょう!

そもそも和製英語ってなに!?

これについては和製英語シリーズの最初の記事で紹介していますのでそちらをご覧ください!

和製英語「ミス」

さて、本題に入って、今回の和製英語をご紹介していきます。

今回の和製英語は、「ミス」です!

和製英語シリーズ第10回目はミスなりました!

ミスは、普通に日常で聞く言葉ですが、これ実は和製英語なんです!!

これは、正しい表現をご存じの方多そうですが、もう完全に日本語に定着してしまっていますね。

単純なミス、人為的なミス、ミスした、などなど・・・。

しかし、繰り返しになりますが・・・ミスは和製英語です!海外では通じません!要注意です!

ミスを正しく英語で表現すると?

日常で使われている和製英語「ミス」。

これを英語で正しく表現するといったいどうなるのでしょうか!?

これはご存知の方が多いかもしれませんが・・・。

正しく表現すると、「mistake」になります。

和製英語では、ミステイクがミスだけになってしまっていますね。

和製英語「ミス」の由来は?

次は、和製英語「ミス」がなぜ使われるようになったのかをご紹介したいと思います。

理由は・・・簡単!「mistake」ミステイクの略してミスとなっただけ。

単純すぎますね。(笑)

由来で分類すると・・・

  1. 英語を略して和製英語となったもの
  2. 英語を利用して造語をつくったもの
  3. 別の意味になってしまったもの
  4. その他

これは簡単。これらのうち1番の「英語を略して和製英語となったもの」に該当しますね。

ミスを使った英語例文

最後は、和製英語「ミス」を使って、例文をご紹介します!

ここまで、ミスの由来など、詳しくご紹介してきました。

なので、もうミスは和製英語だと忘れることはないと思います。

しかし、ここで例文を覚えておくことで、実際に英語を話すときに非常に役立つと思います!

例文といっても、簡単な英語です。

I made a mistake.

「ミスをした。」

mistakeの定番の例文。簡単すぎる気がしますがこんな感じです。

最後に

ここまで和製英語「ミス」について、説明をしてきましたが、いかがだったでしょうか!?

和製英語は、普段の生活の中に数多く隠れています。

それが和製英語だとわかっていればいいのですが、知らずに海外で使ってしまうと・・・。

今後そうならないためにも、和製英語についての理解を深め、英語力をアップさせていきましょう!

今回はこの辺で失礼します。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは、また次回です。See you next!

キーワード

こちらの記事も人気です!

1

今回はオンライン英会話スクール「DMM英会話」を実質無料で利用する方法を解説していきます! 英会話スクールに通って英語を ...

2

今回はオンライン英会話スクールについて解説していきます! 「オンライン英会話スクールってなに?」「使い方は?」「メリット ...

3

今回有名オンライン英会話スクール「DMM英会話」のご紹介です! 英語が話せるようになりたい・・・。でも時間もないし、お金 ...

4

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです! 今回は、日本人がよく使う和製英語についてご紹介してきた内容をまとめたペ ...

5

今回は英語の勉強方法でぜひおすすめしたい、「海外ドラマフレンズ勉強法」をご紹介していきます! 英語がしゃべれるようになっ ...

6

ここでは、huluを利用して、フレンズをスマホで見る方法を紹介してます! スマホで見る方法としているのは、外出先のちょっ ...

-和製英語
-,

Copyright© 英会話カフェ , 2018 All Rights Reserved.