和製英語

意外!?ネイリストは和製英語!正しい英語表現を覚えておきましょう!

更新日:

今回は和製英語「ネイリスト」について解説していきます!

海外では通じない和製英語。和製英語だと知らずに使ってしまったら・・・あまり考えたくないですね。

頑張って話している英語なのに、外国人に全く通じていなかったら、かなり恥ずかしいと感じてしまいます・・・。

そうならないためにも、今回ご紹介する和製英語をチェックし、英語力のアップに役立ててください!

スポンサーリンク

和製英語「ネイリスト」

早速本題に入り、今回の和製英語について解説していきます!和製英語とは「日本語で作られた、英語風の日本語語彙」です!

今回解説していく和製英語は、「ネイリスト」です!和製英語シリーズ第34回目はネイリストとなりました!

ネイリストと聞くと、爪の美容や健康の手入れなどを行ったり、つけ爪などの人工爪を使用したアクリルスカルプチュアなどの施術を行ったり、爪に装飾を施すネイルアートなどを行う職業の方々をイメージすると思います。

「ネイリスト」はカタカナ表記で、爪を英語で「nail」と言うことからも英語だと思いがちですが、和製英語なのでご注意を!

ネイリストと伝えても、海外では「???」となるので注意が必要です!

「そもそも和製英語とは?」についてはこちらで解説しています!

和製英語とは!?シリーズ化して和製英語を紹介していきます!

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです! 突然ですが、今回から例文とは別に、知っておきたい和製英語シリーズを始め ...

和製英語「ネイリスト」を正しく英語で表現すると?

ネイリストを正しく英語で表現すると・・・

manicurist

となります。または各国の公的資格者としてnail technicianと呼ぶこともあります。

manicuristを単純に「マニキュリスト」と呼ぶとマニキュアしか行わない印象がありますが、ネイルケアなど爪全般の手入れを行うので、日本でいうネイリストと同じです!

和製英語「ネイリスト」の由来は?

次に、和製英語「ネイリスト」がなぜ使われるようになったのかをご紹介したいと思います。

「nailist」という和製英語が使われるようになった理由は、特定非営利活動法人NPO日本ネイリスト協会がその名称を発案し使用し始めたからだと言われています。

協会がネイルケアやネイルアートなどを行う人達の資格を作り、その資格に名称をつけたのが由来のようです!

日本発信の言葉ですので、日本の文化の影響を受けている一部の東南アジアや東アジアでは通じる事もあります!

しかし、アメリカ合衆国やそれ以外の英語圏の国では稀にしか使用されていません。

和製英語の由来で分類すると・・・

  1. 英語を略して和製英語となったもの
  2. 英語を利用して造語をつくったもの
  3. 別の意味になってしまったもの
  4. その他

このうち2番の「英語を利用して造語をつくったもの」に該当します!

和製英語「ネイリスト」を使った英語例文

最後に、和製英語「ネイリスト」を正しい英語に直し、例文をご紹介します!

ここまで、和製英語「ネイリスト」の由来など、詳しくご紹介してきましたので、「ネイリスト」が和製英語だということは忘れないと思います!

しかし!ここで例文を覚えておくことで、実際に英語を話すときに非常に役立ちます!

例文と言っても簡単な英語で、使えるフレーズなのでぜひ覚えておきましょう!

I will start working as a manicurist.

「私は、ネイリストとして働き始めます。」

manicuristは名称ですので不特定多数の場合は前に冠詞であるaを忘れないようにしましょう。

英語圏の国でネイルをして欲しい時に「nailist」を使用しても通じないと思っておいた方が無難です!

店で一番スカルプチェアの技術が高い店員さんを尋ねる場合は・・・

Who is the manicurist who is good at acrylic sculpture in this store?

と言いましょう。特にアジア以外の国だと、日本の言い方「nailist」では伝わらない事がほとんどです!

特に欧米の場合はうっかり使わない様に気を付けてましょう!

まとめ

ここまで和製英語「ネイリスト」について解説してきましたがいかがだったでしょうか。

和製英語「ネイリスト」を英語で正しく表現すると・・・

正しい英語表現「ネイリスト」

manicurist

です!ネイリストはカタカナ表記で、爪「nail」もあるので、意外と和製英語だと思わないかもしれませんね。

覚えておきたい英語例文は・・・

I will start working as a manicurist.

「私は、ネイリストとして働き始めます。」

「nailist(ネイリスト)」と表現してしまうと、海外では上手く伝わりません・・・。

日本人は和製英語を普段の生活の中で数多く使っていて、それが和製英語だと知らずに海外で使ってしまうと、伝わらなくて困ってしまうこともあります。

今後そうならないためにも、和製英語についての知識を蓄え、英語力をアップさせていきましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!次回もぜひご覧ください!

キーワード

こちらの記事も人気です!

1

今回はオンライン英会話スクール「DMM英会話」を実質無料で利用する方法を解説していきます! 英会話スクールに通って英語を ...

2

今回はオンライン英会話スクールについて解説していきます! 「オンライン英会話スクールってなに?」「使い方は?」「メリット ...

3

今回有名オンライン英会話スクール「DMM英会話」のご紹介です! 英語が話せるようになりたい・・・。でも時間もないし、お金 ...

4

こんにちは。英語が大好きな管理人ジャネットです! 今回は、日本人がよく使う和製英語についてご紹介してきた内容をまとめたペ ...

5

今回は英語の勉強方法でぜひおすすめしたい、「海外ドラマフレンズ勉強法」をご紹介していきます! 英語がしゃべれるようになっ ...

6

ここでは、huluを利用して、フレンズをスマホで見る方法を紹介してます! スマホで見る方法としているのは、外出先のちょっ ...

-和製英語
-,

Copyright© 英会話カフェ , 2018 All Rights Reserved.